Pフェアリーテイル2遊タイム狙いハイエナ期待値稼働の立ち回りまとめ

フェアリーテイル2 パチンコの立ち回り

Pフェアリーテイル2のゲームフローほかスペック等については公式HPをご覧下さい。

フェアリーテイル2

引用:https://www.fujimarukun.co.jp/products/machine/fairy2/sp/

ここではPフェアリーテイル2の遊タイム狙いハイエナ期待値稼働の立ち回りについてまとめています。

Pフェアリーテイル2の遊タイム期待値を知る

Pフェアリーテイル2の遊タイム狙いハイエナ期待値稼働を行うにおいて知っておく知識としてはその期待値は必要不可欠となります。

フェアリーテイル2遊タイム期待値

引用:https://note.com/mattunn1/n/nb7a41a6c1a9a

と、こちらがPフェアリーテイル2の遊タイム狙いハイエナ期待値稼働をする際に必要となる期待値表となります。

このPフェアリーテイル2という機種は厄介で仕様上期待値を算出するのが難しい機種となっています。

その為、期待値を算出する人それぞれによって数字にある程度の違いが出ていますので、

フェアリーテイル期待値算出絶対勝利

引用:https://all-victory.com/?p=17052

などと。

ですので、出来る限り多くの期待値表を参考にすることをおすすめします。

自分自身で期待値の算出が出来る場合は自分自身で算出することがおすすめです。

私自身はここで引用させて頂いた期待値表のほかインターネット上で期待値を算出してくれているいくつかのWEBサイト・ブログまた自分自身の経験などからざっくり残300Gを切ったくらいから(1000円辺りの回転数を加味して)今のところは打ち出しています

もっと慎重になると残250Gを切った辺りからでも良いと思います。

もっと言えば残200G辺りからと、詰まるところ天井に近ければ近い方が当然良いのでキリがなくなります…。

しかしそれくらい期待値を算出することが難しい仕様となっているので攻めるのであればそれなりのリスクを許容する必要があります

で、上記で挙げた様な辺りから打ち始めるとほぼほぼ期待値がマイナスになることはないかと思います。

ただ、無理してこの機種の遊タイム狙い期待値稼働をせずにスルーしても良いかなと内心思っています。

ちなみにやめどきは右打ちから左打ちに変わる電サポ抜け即やめをしています。

まとめ

私自身はPフェアリーテイル2の遊タイム狙いハイエナ期待値稼働をする際は、

  1. 打つ始めのG数
  2. やめどき

この2つのみを意識しただけの立ち回りとなっています。

要するに期待値を知っておいて上記2つのことが意識出来ていればPフェアリーテイル2の遊タイム狙いハイエナ期待値稼働は問題なく出来るでしょう。

逆に言えば、今現状の解析からはこれくらいの立ち回りしか出来ないかと思います。

※正直なところを申し上げると私自身は割と上記の様な立ち回りもしており、実際に遊タイム狙いハイエナ期待値稼働をしていますが、このPフェアリーテイル2の遊タイム狙いハイエナ期待値稼働はあまりおすすめはしません

それでも上記2つのほかですが、もちろん通常時のストロークやオーバー入賞、また右打ち電サポ中の止め打ちなどには気をつけて出来る限りのムダ玉は減らす様な意識はしています。

※ストロークに気をつけてとはハンドルを回して玉の飛びの強弱を調整すること

ちなみに右打ち・電サポ中の止め打ちは非常に簡単で開いたと同時に5~6発打ち出しでほぼほぼムダ玉は出ません。

で、V入賞は右打ちが始まった後しばらくするとゲージが出現するのでそのゲージが減りだすと同時くらいのタイミングで打ち出しを開始しています。

また、捻り打ちに関しては結構シビアとなっていますので無理にオーバー入賞を狙わなくても良いかなと思いますが、捻ったところで大きな損はないので(オーバー入賞したらラッキーくらいの気持ちで)チャレンジしても良いかなという感じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました