バジリスク絆2のハイエナ期待値稼働はハマりG数とBCスルー回数が重要

バジリスク絆2 パチスロの立ち回り

バジリスク絆2

※引用:https://www.universal-777.com/ps/basilisk_kizuna2/

バジリスク絆2のゲームフローほか仕様・スペックについてはユニバーサル公式HPをご確認下さい。

ここでは”バジリスク絆2のハイエナ期待値稼働”について書いています。

タイトルにもある様にバジリスク絆2のハイエナ期待値稼働においてはハマりG(ゲーム)数とBC(バジリスクチャンス)スルー回数が重要となります。

その理由はハマりG数×BCのスルー回数によって期待値に大きな違いが出るからです。

BCスルー回数不問で期待値を算出した場合

まずはBCのスルー回数を不問としてG数だけを見た場合の期待値表では、

絆2G数スルー回数不問期待値

※引用:https://slotjin.com/tenjoukitaichi/basiliskkizuna2-hyena/

となっています。

※期待値見える化さんのBCスルー回数不問での期待値表を否定しているわけではなく、期待値見える化さんの別の有料noteでハマりGとBCスルー回数の期待値表を書かれています、つまり有料noteにするくらいBCスルー回数を考慮した期待値というのは重要になってくるということだと思います

これを見るとそこそこ浅いG数からもそれなりの期待値があるので打てそうな気がします。

ただバジリスク絆2でのハイエナ期待値稼働を行う際はスルー回数を考慮しないなんてことは実践上有り得ません。

そしてどちらかと言うとハマりG数よりもBCスルー回数を意識しておいた方が良いと思います。

というのも全然G数がハマっていなくてもBCを4スルー以上していればそれなりの期待値があるからです。

例えば、180GハマりBC4スルーとなるとおおよそ期待値は1500~2000円ほどとなっています。

で、そしてそれは店舗・ホールで現実的にある台です。

だからG数とBCスルー回数が重要となる

まず、バジリスク絆2の天井は2通りあって、

  1. G数天井
  2. BCスルー回数天井

となります。

これらは1回の有利区間内での天井となるので有利区間がリセットされた場合はまた一からとなります。

有利区間がリセットされるタイミングは天井到達とBTが終了した際に有利区間ランプが消灯した時です。

で、G数天井の場合はBTは確定しませんが、BCスルー天井の場合はBTが確定します。

ただバジリスク絆2のハイエナ期待値稼働においてこの2つの天井についてはあまり深く考えなくても構いません。

バジリスク絆2のハイエナ期待値稼働をする際に重要なことは、

  • 打ち始め
  • やめどき

の2つで、やめどきについても後半で触れていますがここでは打ち始めを中心に深堀して詳しく書いているという感じです。

バジリスク絆2でテーブルとかほか色々と考えると難しくなるのでここではハイエナ期待値稼働をする際はハマりG数とBCスルー回数が重要であるということを覚えておけば良いと思います。

ただテーブルについても知っておいた方が良いことは間違いないので追々知っていくという流れでとりあえずは良いと思います。

実際に打ちながら気になったことはその時その時にスマホで調べるみたいな感じが良いでしょう。

ですので、ここでは第一にバジリスク絆2のハイエナ期待値稼働ををする際は絶対にG数だけを見て打ち始めるということはしてはいけないということを覚えて帰って下さい

バジリスク絆2の今現在のG数とBCスルー回数は筐体の右側にあるPUSHボタンを押すと左側の液晶に表示されます。

とはいえ、G数を完全に無視するわけではありませんが、圧倒的にBCスルー回数の方が重要です。

とりあえずまずは、以下の期待値表を参考にご覧下さい。

絆2G数×スルー回数期待値1

※引用:https://zennwa3.com/basilisk-kizuna2-3415

ということです。

※はじめに申し上げておきますが、私は私自身で期待値算出を行っているわけではなくこういった期待値を算出してくれている期待値表をいくつか探して参考にさせて頂いています

この期待値表を参考にするとBC2スルーしていればG数不問で打ち始めても期待値はプラスとなることが分かります。

※私自身はBC2スルーしているからと言っても期待値があまりにも少ない+時間効率も悪いので何でもかんでも打ち始めるわけではありません、ちなみに私が2スルーで打ち始めるのであれば基本的にはハマりG数が350G~400Gくらいをみています(もちろん状況次第で変わることはあります)

そして、G数だけを見てスルー回数を不問とするならば200G以上回っていれば期待値はプラスになることが分かります。

※これも同様にだからと言って何でもかんでも打つわけではありません

ただ、この期待値表ではという話であり、インターネット上ではこの期待値表以外にも期待値を算出してくれているサイトもあります。

例えば、以下のサイトでも期待値を算出してくれています。

絆2G数×スルー回数期待値2

※引用:http://inmusuro.com/post-643/

と見てもらえれば分かりますが、期待値に違いがあります。

例えば、最初の期待値表ではBC2スルーしていれば期待値はプラスとなっていますが、2番目の期待値表では100G×2スルーでは期待値がマイナスとなっています。

ですので、色々な期待値表を参考にして自分なりの期待値を算出するのがおすすめです。

その理由はバジリスク絆2は期待値を算出するのが非常に難しい機種になるからです。

ちなみに私は4スルー以上していればG数不問で打ち始めています。

またG数であれば400G以上回っていればスルー回数は不問で打ち始めています。

店舗・ホールにある台を現実的に考えると私の場合私がボーダーとして考えている期待値のラインでは3スルー以上していた場合のほとんどが打ち始めても良い状況になっていることが多いです。

※一応私はバジリスク絆2のハイエナ期待値稼働をした際に1台打つ期待値として1500円くらいは欲しいと考えています

ただ、先にも書いた様にバジリスク絆2の期待値算出は非常に難しいと感じています。

ここまでの書いた様な私自身の打ち始め・やめどきなど期待値を考慮した私の実際の立ち回りとその結果をnoteにまとめていますので参考にして頂ければ幸いです。

バジリスク絆2ハイエナ期待値稼働20台データまとめ|koochan|note
このnoteではこれまでに私自身が実際に行ってきたバジリスク絆2の20台分のハイエナ期待値稼働総収支データとハイエナ期待値稼働1回1回のデータまとめとなっています。 ※このnoteは無料部分(総収支データまとめ)と有料部分(1回1回のデータまとめ)で構成されています このnoteから、これくらいの台数をこなしたら...

先でバジリスク絆2のハイエナ期待値稼働をするにおいて期待値1500円くらいは欲しいと書いていますが、やはり実際の店舗・ホールでの立ち回りとなると様々な状況から必ずしもそうではなく理想的ではないG数から攻めることもあります。

とりあえず初心者におすすめする立ち回り

バジリスク絆2はテーブルとかそのほか等々を考えるとややこしく難しくなりますので私がとりあえず初心者におすすめする立ち回りを紹介します。

先でも書きましたが、バジリスク絆2のハイエナ期待値稼働をするにおいて重要なことは、

  1. 打ち始め
  2. やめどき

の2つです。

この2つがある程度しっかり出来ていれば負けることはほぼないはずです。

打ち始め

では、とりあえず、バジリスク絆2のPUSHボタンを押して、

  1. BC4スルー以上していればG数不問で打ち始める
  2. 400G以上回っていればスルー回数不問で打ち始める

まずはこの2つの条件をルールとしてハイエナ期待値稼働をしていくことがとにかく簡単なのでおすすめかなと思っています。

理由としては私自身の実践経験や色々な期待値表を見てもこのボーダーラインで打ち始めて期待値がマイナスになることはまずないかと思うからです。

要するに長期的にみてほぼほぼ負けることはないということになります。

で、都度G数×BCスルー回数の期待値表を見ながら打てる台or打てない台というのを判断していって慣れていき経験値を積むということをおすすめします。

やめどき

で、あとはやめどきですが天井BCでBTの抽選に漏れた際は非有利区間を回して即やめ、そしてBT終了後であれば同様に非有利区間を回して+液晶をタッチしてボイスを確認して、とりあえずは『旅の準備が整っています』以外は即やめで良いと思います。

ちなみに一応私は液晶をタッチして、

  • 旅の準備が整っています

なら続行で、

  • 怪しき気配じゃ
  • 何かが起こる予感がします

ならとりあえず状況次第で続行orやめを判断して、それ以外であれば即やめをしています。

※今はそれほど意識しなくも構いませんが、一応このボイスは次回のテーブルを示唆しているものとなっています

ただ、例外として非有利区間を回した際にレア役orベルを引いた際は即やめではなく数G(1~5Gほど、不安であれば10Gほど)回して前兆を確認してやめましょう。

というのも、レア役を引くと一部でエピソードBC、ベルなら月下殲滅への抽選があるからです。

要するにエピソードBCor月下殲滅に当選しているかの前兆を確認してからやめるということです。

では最後になりますが、とりあえずは実際にバジリスク絆2のハイエナ期待値稼働をして経験を積んでいくことが良いと思います。

それでしか得られないもの気付きがたくさんあるからです。

バジリスク絆2ハイエナ期待稼働の際に知っておいた方が良いこと

バジリスク絆2のハイエナ期待値稼働をしている際のBC消化の際に弦之介を選択した場合は設定示唆があります。

そのBCの際に、

  • 456人撃破
  • 444人撃破
  • 555人撃破
  • 666人撃破

などが出た場合は設定狙いに切り替えてそのまま終日打っても問題ありません。

ちなみに私なら打ちます。

これらは設定4以上濃厚or4、5、6濃厚となる演出ですが、それぞれ全てほぼほぼ確定で良いと思います。

これは棚から牡丹餅的なラッキーとなります。

要するにバジリスク絆2のハイエナ期待値稼働をする際のBC消化は弦之介一択でワンチャンを狙うという感じです。

ですので基本的には現状打っている台は低設定だと考えてハイエナ期待値稼働を行っている方が安全ですので即やめが基本です。

このほかにも設定示唆はあるのですがこれについても今はそれだけで良いと思います。

例えばですが、BC成立の際に筐体上部LEDランプが赤に光ったにもかかわらずBTに入らない、ほかにも争忍の刻開始画面、またBT4戦目に絆高確がつかずで5戦目で朧チャンスも発動しない、などの設定示唆もあるのですがそれらについては今後経験を経て覚えていくという感じで今はなんかそういうのがあったなぁ程度で良いと思います。

ただもちろん知っておいた方が良いし知っていくべきことなのは間違いありません。

またバジリスク絆2にはユニメモという機能があるのですが、これも使うとなるとややこしくなると思うので、ハイエナ期待値稼働をする際は特に使わなくても問題はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました